中性脂肪落とす食事内容(タンパク質)はどんな食事がおすすめ?

中性脂肪落とす食事内容(タンパク質)では、肉や魚などの動物性たんぱく質と、大豆や海藻などの植物性たんぱく質を上手に使い分けながらバランスよく食べることが必要です。

肉はサッパリした赤身を蒸したり網焼きし、魚は脂身を落とさないように蒸すのがおすすめです。

 

中性脂肪落とす食事内容(タンパク質)とは?

体内に摂取した栄養成分は、分解されながら腸に送られ、そこから血液中に入って全身へと運ばれます。

タンパク質は主に筋肉や内臓器官の形成に使われる栄養成分です。

食べたらすぐに中性脂肪へと変換されてしまうわけではありません。

 

不要になった分は中性脂肪に

ですが、筋肉や内臓器官の形成だけにしか使われないというわけではなく、不要になった分に関しては最終的には肝臓で中性脂肪に変換されることになります。

そのため、タンパク質は脂肪にならないから必ずしも安心というわけではないのです。

 

中性脂肪落とす食事内容(タンパク質)の注意点

中性脂肪落とす食事内容(タンパク質)では、いくつか注意したい点があります。

まず、タンパク質を多く含む食材としては肉をイメージする人が多いのですが、肉には部位によって脂質が多く含まれているので、食べすぎると中性脂肪が増えてしまいます。

肉を食べるならできるだけ脂質が少ない赤身の部分を選ぶようにしたり、鳥の皮など明らかに脂質と分かる部分は最初に取り除いてから調理したほうが安心です。

 

中性脂肪が気になるときでも肉は食べられる?

中性脂肪落とす食事内容(タンパク質)で活用したい時には、牛・豚・鶏なら鶏肉が最もサッパリしているのでおすすめです。

部位を選ぶならひれ肉とモモ肉が良いでしょう。

 

中性脂肪を落とすための調理法

調理法としては、最初に脂肪部分を出来るだけカットしてしまうこと、調理では網で焼いて脂を落としたり、蒸したりゆでたりして脂を遣わずに調理するのが中性脂肪を落とすためには理想的です。

ちなみに、中性脂肪落とす食事内容(タンパク質)の中でも最もNGなのは揚げ物ですね。

 

タンパク質は肉だけではありません

中性脂肪落とす食事内容(タンパク質)は、肉だけではありません。

たんぱく質を多く含む食品は他にもたくさんあり、魚や貝類にもたっぷり含まれていますし、大豆などの植物性たんぱく質もたくさんあります。

 

積極的に摂りたい大豆食品・発酵食品

中でも、大豆から作られている豆腐は植物性たんぱく質が豊富な食品です。

大豆の中には中性脂肪に変換されにくいという特徴を持つグリシニンという成分が46%とたっぷり入っています。

しかも、豆腐には他にもβコングリシニンなど他のたんぱく質も入っていて、低カロリー、低コレステロールなのでおすすめです。

 

豆腐は中性脂肪対策におすすめな食材

そのため、タンパク質をたっぷり摂取しながらも、中性脂肪落とす食事内容(タンパク質)に気を使いたい時には、肉などの動物性たんぱく質よりは、豆腐のような大豆を使っている植物性たんぱく質を積極的に摂取するのが良いでしょう。

ただし、豆腐に何かをかけたりつけたりして食べる際には、調味料が高脂質だと中性脂肪に変わりやすいので、調味料もノンオイルタイプのものを選ぶなど工夫してくださいね。

 

魚なら青魚が中性脂肪を落とすのにおすすめ

中性脂肪落とす食事内容(タンパク質)で魚を取り入れるなら、青魚がおススメです。

青魚にはイワシやサバ、サンマの他にマグロやカツオなどがあり、生食できるものも多いですね。

 

中性脂肪を落とすために適した魚・貝類

青魚にはEPA(エイコサペンタエン酸)という脂肪酸が多く含まれています。

これは中性脂肪へと変換されにくいという特徴があるだけでなく、血液中の脂質が増えないように抑制してくれる作用もあります。

そのため、取り入れると中性脂肪が増えにくい体質を手に入れることができます。

 

中性脂肪対策におすすめのEPAはマグロの脂身が◎

魚の中でも最もEPAを多く含んでいるのはマグロの脂身で、100グラム当たりの含有量は1.29グラム程度となっています。

サバやイワシ、サンマ、ブリなども多く含まれていて、生食できる魚もたくさんあるので、生食できるものは刺身などで効率的にEPAを摂取するのが中性脂肪落とす食事内容(タンパク質)となります。

 

中性脂肪のために、魚は油を落とさない

肉を調理する際には、網焼きして脂を落としてあげることによって中性脂肪を減らす効果が期待できます。

ただし、魚の場合には網焼きしてしまうと油と一緒にEPAも落ちてしまうので、中性脂肪落とす食事内容(タンパク質)としては効果が半減してしまいます。

魚のEPAを効率的に摂取するなら、脂身もしっかり食べられるように、煮たり蒸したりの調理法が良いでしょう。

 

海藻にも中性脂肪を落とす効果がある

海藻を使った中性脂肪落とす食事内容(タンパク質)も効果的です。

海藻の多くはタンパク質とミネラル成分が豊富ですが、海藻に多く含まれているフコイダンというネバネバの成分には、中性脂肪を落とす作用が期待できます。

 

海藻類に含まれるフコイダンが中性脂肪を下げる

フコイダンというのは水溶性の食物繊維なのですが、摂取すると腸の中で水分を吸収してゲル状となります。

腸内を通りながらコレステロールや糖質などを老廃物や毒素と一緒にからめとって体外へと排出してくれるので中性脂肪には効果的です。

 

もずくは中性脂肪予防に最適◎

体内にすでに蓄積されている中性脂肪を減らすというわけではありません。

中性脂肪の原因となる糖質や脂質が体内へ吸収される前にサッと排出できる腸内環境を作ることができます。

中性脂肪落とす食事内容(タンパク質)として積極的に活躍したい食材と言えるでしょう。

フコイダンを多く含む海藻はいろいろありますが、その中でももずくは優秀で、お酢をかけて食べれば相乗効果によって中性脂肪予防食としては最強ではないでしょうか。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.