中性脂肪落とす食事内容(ビタミン・食物繊維等)のポイント

栄養成分の中にはビタミンや食物繊維などのように中性脂肪落とす食事内容(ビタミン・食物繊維等)に積極的に摂りたいものがたくさんあります。

血液中の中性脂肪が増えるのを抑制したり、抗酸化作用で中性脂肪を作りにくい体質に近づけるものなどがあるので、毎日の食事で活用すると良いでしょう。

 

中性脂肪にとってビタミンは優秀

糖質や脂質、タンパク質などは使われないと最終的には中性脂肪となって体内に蓄積されてしまうという特徴があります。

食べ物に含まれている栄養成分の中には、最終的に中性脂肪にならないものがあります。

ビタミンや食物繊維などがそうです。

そのため、中性脂肪落とす食事内容(ビタミン・食物繊維等)を心がけたい時には、ビタミンや食物繊維を豊富に含む食材を積極的に食べるのが良いでしょう。

 

中性脂肪を落とす食事内容について

例えば、ビタミンは一般的に中性脂肪を落とす作用が期待できますが、その中でもビタミンBはとても優秀です。

ビタミンBにはたくさんの種類がありますが、その中でもナイアシンや葉酸は特に中性脂肪を下げる作用が高いです。

  • 肉:豚肉、レバー
  • 魚:カツオ、ウナギ
  • 野菜:ほうれん草、ニンニク、キャベツ、もやし
  • 大豆、玄米など

以上の食べ物が、たっぷり含まれている成分なので、いろいろな組み合わせを工夫すれば中性脂肪落とす食事内容(ビタミン・食物繊維等)になるのではないでしょうか。

高い抗酸化作用を持つビタミンCも中性脂肪落とす食事内容(ビタミン・食物繊維等)に積極的に取り入れたい栄養成分です。

 

中性脂肪を落とすために効果的な野菜とは

ビタミンCが持つ抗酸化作用は、ストレスや疲労によって作られる活性酸素を分解してくれるという働きをします。

活性酸素を軽減することは中性脂肪を作りにくい体質づくりには欠かすことができません。

ビタミンCを含む食品にはグレープフルーツやイチゴ、キウイなどのフルーツや、ブロッコリーやピーマンなどの野菜などがあります。

ビタミンCは熱にも水にも弱くてすぐに溶けてしまう水溶性ビタミンなので、生食できるものはできるだけ生食するのが効果的です。

中性脂肪落とす食事内容(ビタミン・食物繊維等)でビタミンCを摂取する際にも、酢の物やサラダ、デザートなどで生食したいですね。

 

キノコ類にも中性脂肪を減らす効果がある

中性脂肪落とす食事内容(ビタミン・食物繊維等)の中でも特に活用したいのは、マイタケやシイタケなどのキノコ類です。

キノコ類は全般的に中性脂肪を落とすにはプラスの作用が期待できますが、それぞれのキノコによって、どんな成分がどんなふうに中性脂肪に作用するのかは異なります。

 

シイタケが中性脂肪を下げる効果が高い

例えば、和食にもよく活用されているシイタケなら、肝臓で脂質やたんぱく質が中性脂肪に変換されるのを抑制する作用を持つエリタデニンという成分がたっぷり含まれています。

エリンギには小腸の中で脂質が腸壁に吸収される時に分解されるリパーゼを作りにくくする作用があります。

さらに、エリンギには食物繊維が豊富に含まれていて、腸内で悪玉菌や老廃物、毒素などを食物繊維がからめとってくれて、腸壁から血液中へと吸収されるのを阻止する役割もしています。

それぞれ作用は違っても、中性脂肪落とす食事内容(ビタミン・食物繊維等)としてはとても優秀なので、ぜひ毎日の食事で活用したいですね。

 

ナッツ類も中性脂肪におすすめ

健康や美容にプラスの効果がある食材としてピーナッツなどのナッツ類はよく耳に入りますよね。

ただ、脂質が入っているためにカロリーが意外と多いという点から、積極的に食べようという人は多くありません。

しかしナッツ類には中性脂肪を減らす作用があるため、中性脂肪落とす食事内容(ビタミン・食物繊維等)では少量を積極的に取り入れていきたい食材なのです。

 

からだに良いものが多いナッツ類。中性脂肪にも効果あり?

炒め物などにナッツを少し入れるだけでも食感が良くなりますし、和え物などに砕いたナッツを入れるなど、一度にたくさん食べる必要はないので、少量を毎食で少しずつ食べるのが良いかもしれません。

ナッツの中でも中性脂肪対策として優秀だと言われているピーナッツには、血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪を下げる作用をもつリノール酸やオレイン酸が豊富に入っています。

さらに、高い抗酸化作用を持つポリフェノールが入っているので、血液中の活性酸素を分解したり増えるのを抑制する働きも期待できますね。

 

ただし食べ過ぎは中性脂肪は増える結果に

どんなに中性脂肪落とす食事内容(ビタミン・食物繊維等)でも、食べすぎてしまうのではカロリーの過剰摂取による肥満の原因になります。

どんな栄養成分が入っているかという点だけではなく、全体のカロリーも気にしながら食事内容を見直したいものです。

 

食べすぎ注意!空腹感を作ることも中性脂肪には大事

お腹が空いている時には体内の中性脂肪が燃焼されている状態なので、その空腹感を定期的に作ることも、中性脂肪対策としては必要ですね。

お腹が空いたなと感じたら、すぐに食べるのではなくて30分ぐらい時間を空けてあげると、より効率的に中性脂肪を落とすことができるでしょう。

また、食物繊維は腸内で水分を吸収して膨張し、腸内の糖質や悪玉菌、コレステロールなどをからめとりながら排出する役割をしています。

食事の際には最初に前菜やサラダなどで食物繊維を食べてから、肉や炭水化物などを腸に入れてあげるのがおすすめです。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.