中性脂肪落とすお酒はある?糖質オフ、赤ワイン、焼酎がおすすめ

お酒を飲みながら中性脂肪落とすためには、脂肪の吸収を抑止するポリフェノールを多く含む赤ワインやウィスキー、ブランデーなどを選ぶと良いでしょう。

穀類を原料にした焼酎などは、糖質オフを選ぶことで対応できますが、アルコール度数が低くなる点は理解しておきましょう。

 

中性脂肪は基本的にアルコールNGです!

中性脂肪落とすためには、基本的に口から入る食事や飲料水、アルコール、喫煙に至るまですべてのものを見直すことが必要です。

脂質糖質がたっぷりの食生活を変えるだけでも大きな効果は期待できます。

 

焼酎なら中性脂肪が気なる人でも飲んで大丈夫?

ですが、見た目には糖質も脂質も入っていないと思われるお酒でも、アルコールを含んでいるものは体内で中性脂肪が作られてしまいます。

何をどのぐらい飲むのか、またどんなタイミングで飲めばよいのかを考えながらお酒をたしなまなければいけません。

お酒を飲むと、腸壁から吸収されて血液中に入り込み、最終的に肝臓で代謝分解されて体外へアルコール成分が出ていきますが、その時には中性脂肪が作られてしまいます。

 

中性脂肪が気になるなら飲まない方が吉〇

糖質も脂質も含んでいないお酒でも、アルコールの代謝分解のプロセスの中で中性脂肪が作られてしまうので、お酒をよく飲む人は、どうしても中性脂肪が多く作られてしまいます。

お酒を飲む必要がないのなら、できるだけ飲まないのが、中性脂肪落とすという点では理想的です。

しかし、お酒が好きな人や、接待などで飲む機会が多い人なら、何を飲むかによって肝臓にかかる負担を軽減できますし、中性脂肪落とすというゴールにも近づきやすくなります。

 

中性脂肪を落とすために、最強なのは赤ワイン

お酒というと健康には良くないというイメージがありますが、その中でも唯一健康にプラスの効果が期待出来るものには赤ワインがあります。

白ワインではなく赤ワインが優秀で、これには中性脂肪落とす作用もあります。

お酒を飲みながら中性脂肪落とす目標を達成するなら、迷うことなく赤ワインを選ぶのが良いでしょう。

 

中性脂肪が気になるら那波白ワインよりも赤ワイン

ワインは白も赤もブドウから作られていますが、赤ワインの原料となるブドウにはポリフェノールが白ワインの原料となるブドウよりも2.5倍多く含まれています。

体内に蓄積されている脂肪の代謝を促進してくれたり、高い抗酸化作用によって血液中の活性酸素を抑止する働きが期待できます。

勿論、赤ワインもお酒なので、たくさん飲むと肝臓に負担がかかりますし、アルコールの代謝分解の際には肝臓で中性脂肪が作られてしまいます。

適量なら全く飲まないよりも少しだけ飲んだほうが中性脂肪落とす効果が高くなります。

 

ウイスキー・ブランデーにも中性脂肪抑制効果が!

ちなみに、赤ワインほどの含有量ではありませんが、ウィスキーやブランデーなどにもポリフェノールが含まれています。

焼酎やビールなど穀類を原料に作られたお酒よりは中性脂肪落とす作用は高くなります。

糖質オフなどを気にせずに飲めるアルコールという点では、これらのお酒は飲みやすいかもしれませんね。

 

焼酎は飲み方を工夫し、中性脂肪が増えないようにしよう

赤ワインも美味しいけれど、自分は焼酎が大好きという人は多いものです。

特にサラリーマン男性は焼酎派がとても多く、仕事の後の一杯を楽しみにして一日頑張るという人も少なくありません。

 

中性脂肪を落としたい方には焼酎は避けたい?

しかし、焼酎は穀物を原料としているので糖質を多く含んでいるお酒で、中性脂肪落とすためにはできれば避けたい種類のお酒です。

大好きなのに全く飲めないというのでは精神的なストレスが溜まってしまい、ストレスを感じると血液中に活性酸素が作られてしまうので逆効果となります。

 

中性脂肪を増え過ぎない工夫・方法

そこで、焼酎が大好きな人なら、飲む量を気を付けることによって、中性脂肪落とすことはできなくても、中性脂肪が増えすぎない工夫をしてみてはいかがでしょうか。

中性脂肪落とすためには、一日当たりのアルコール摂取量は20グラム以下に抑えるのが理想的です。

アルコール20グラムはどんな種類のお酒を飲むかによって異なりますが、25度の焼酎の場合には、110ml程度、つまり0.6合以下にしておけばよいことになります。

ちなみに、ワインの場合にはグラスで1杯半程度、ビールなら中瓶1本程度、ウィスキーならダブルで1杯ぐらいが、アルコール20グラムに相当します。

 

糖質オフなら中性脂肪に影響がない?飲んでもOK?

お酒は大好きだから飲みたいけれど、中性脂肪も気になるという人は、糖質オフタイプのお酒を選ぶのも良いでしょう。

糖質オフのお酒はビールや焼酎などいろいろな種類があります。

 

中性脂肪を落としたい!アルコールを飲むなら糖質オフビール?

糖質オフにする事によってアルコールの度数が低くなっているものが多いため、飲んでも殆んど酔わないことが多くなります。

アルコール含有量が少ないということは、肝臓でアルコールが代謝分解される際に作られる中性脂肪が少なくなるということなのです。

中性脂肪落とすことを希望している人にとっては、注目したいお酒と言えるのではないでしょうか。

 

逆に飲み過ぎてしまう可能性

しかし、お酒を飲んで酔うことが楽しい人だと、糖質オフのアルコールはたくさん飲んでも殆んど酔わないことが多いので、かえって飲みすぎになり中性脂肪が増えてしまうかもしれません。

その点は注意したほうが良いでしょう。

高めの度数のお酒を少しだけ飲んで気持ちよく酔うか、糖質オフでアルコール含有量が少ないお酒で飲むことを楽しむか、どちらを選ぶかはその人次第といったところですね。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.