中性脂肪の悩みは食事で解決できる!健康診断の前に体型改善!

毎日の食事で摂取した脂質がエネルギーとして燃焼されずに余ると、中性脂肪として体内に備蓄されます。

体型で悩みを抱えている人や健康診断が心配な人は、食事の量や内容を見直してみてはいかがでしょうか。

中性脂肪の悩みをスッキリ解決することができます。

 

中性脂肪はぜい肉のこと、食事で摂取している

中性脂肪は人間の体内で作られるものではなく、食事で脂質を摂取することによって体内に蓄積されるものです。

中性脂肪は正式にはトリグリセリドとかトリアシルグリセロール、トリグリセライドなどと呼ばれています。

人間の生命維持に必要なエネルギー・体を動かす際に必要なエネルギー源を作り出してくれます。

 

エネルギー源として使われなかった

脂質は食事として摂取されると腸壁から血液中に入り込みます。

全身のエネルギー源として使われるほか、脂溶性ビタミンを溶かして全身に運ぶ役割りもしています。

エネルギー源として使われなかった分は肝臓で中性脂肪へと変換され、体内に蓄積されるのです。

 

食事量とエネルギー燃焼のバランス

これがプヨプヨお腹の悩みの原因となる皮下脂肪というわけですね。

理想的なのは、食事で摂取した脂肪を全てエネルギーとして使い切ってしまい、中性脂肪として蓄えないようにしたいところです。

体型の悩みを抱えるほど中性脂肪がついている人の場合には、明らかに食事内容や食事の量、食事の頻度とエネルギー燃焼のバランスが取れていないということになるでしょう。

 

食事内容を見直して健康診断が怖くない体型へ!

中性脂肪はすべて食事で摂取した脂質の最終的な形です。

つまり、食事の量や食事の内容を見直して脂質の摂取をコントロールすることができれば、健康診断中性脂肪値が高いと指摘されることなく、健康状態を手に入れられます。

また、見た目の体型もスッキリすることができます。

 

あっさりした和食がおすすめ

どんな風に食事内容を見直すかについてですが、健康診断ではまず食事療法を指導されることになります。

こってりしたボリュームたっぷりの食材や調理法は、脂質はかなり高めなのでNGです。

欧米的な食生活をしている家庭は多いですが、欧米的な食生活は脂質と糖質がかなり高めです。

健康診断が怖くない体型づくりを目指すなら、あっさりした和食の方がおすすめです。

 

食べる順番の意識をして中性脂肪を付きにくくする

また、食事の食べ方によっても中性脂肪のコントロール効果があります。

最初に前菜やサラダなど食物繊維をたっぷり摂取して、炭水化物やお肉などはできるだけ食事の後の方に食べるようにしましょう。

そうすることで、量を食べなくても満腹感が出るので、ダイエットの悩みを抱えることなくべすぎを予防することができます。

食事内容を見直すと中性脂肪がつきにくい体型になりますし、健康診断でも不安や悩みがなくなりますよ。

 

中性脂肪値が高い状態を放置すると危険!

中性脂肪値が高い状態を放置したり、食生活や生活習慣を変えずにそのまま進行させてしまうと、体型がプヨプヨになるだけでなく、動脈硬化などの病気にかかりやすくなってしまいます。

食べ物で摂取した脂質は、腸壁から血液へと入り込んで全身に運ばれます。

脂質は脂ですから血液中に脂質が多いということは、サラサラなはずの血液が脂でドロドロとしたヘドロのような状態になってしまうのです。

 

動脈硬化のメカニズム

そうすると、ドロドロした脂質は血管壁にこびりつき、血液の通れる道が狭くなったり塞がれてしまう事態となります。

これが動脈硬化が起こるメカニズムです。

動脈硬化などの病気は全身のどこで起こるか分からないという悩みがあるでしょう。

 

心筋梗塞・脳梗塞の危険

心臓のそばで起これば心筋梗塞、脳で起これば脳梗塞など、命にかかわる一大事になりかねません。

毎日の美味しい食事を楽しむことは大切ですが、楽しみすぎて脂質の過剰摂取にならないように気を付けたいものです。

 

体型をチェックして脂質を取り過ぎかが分かる

自分自身の食生活で、中性脂肪の原因となる脂質を取りすぎているかどうかをチェックする方法は簡単です。

それは、気になる部分についている贅肉を見ればすぐに分かるからです。

 

体型が気になる方は中性脂肪も気にしてみよう

中性脂肪は食事によって摂取した脂質がエネルギーとして燃焼されないと、肝臓で中性脂肪に変換されて体内に備蓄されます。

つまり、脂質を取りすぎていると中性脂肪が多く作られるということになり、体型を見れば自分の脂質摂取が正常か過剰なのかは自分自身ですぐに分かるのです。

体型が悩みという人は、中性脂肪リスクは高いと考えることができますね。

 

やせ型の人でも中性脂肪が多いこともある

ただし、体型はそれほど肥満気味でなくても中性脂肪がたくさんついている人はたくさんいます。

健康診断で発見されることが多いのですが、体脂肪計を持っていれば家庭でもチェックできるので、定期的に体脂肪を計測して血液をドロドロにしないように気を付けたいものです。

また、健康診断もきちんと受けるようにしましょう。

 

年齢とともに中性脂肪はつきやすくなります

年齢とともに基礎代謝は低下してしまうため、誰でも中性脂肪がつきやすくなり、若い時と同じ体型を維持することは難しくなってしまいます。

基礎代謝が低下するのは老化現象なので止めることはできません。

だからと言って中性脂肪がついたまま、体型が崩れていくのをそのまま放置するのは嫌ですよね。

年齢とともに体型が崩れたら、それをバネとして食生活を見直したり、運動を取り入れて体内に摂取した脂質をより多く燃焼できるような工夫をすることで、体型が崩れるスピードを遅くすることは可能です。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.