食生活を見直すことが中性脂肪の効率的な落とし方

中性脂肪の効率的な落とし方の一つに、食生活を見直す方法があります。

脂質や糖質がたっぷりの食生活ではなく、あっさりした和食系の食事に変えると効果的です。

また、調味料やアルコール摂取なども見直すことによって、中性脂肪を作りにくい体内環境を手に入れることができるでしょう。

 

中性脂肪と食事の関係

中性脂肪食事によって摂取する脂質が原因となります。

食事で中性脂肪を摂取するわけではありませんが、エネルギーとして燃焼されなかった脂質は肝臓で中性脂肪へと変換され、備蓄されてしまいます。

つまり、中性脂肪の落とし方で最も理想的なことは、脂質を取りすぎないような食生活をするということです。

食事の内容を見直すことによって中性脂肪を作りにくい体質づくりができます。

 

欧米的な食生活は脂質の取り過ぎに

脂質はたくさんの食事に含まれていますし、完全にカットすることはできません。

欧米的な食生活をしている人や外食、コンビニ食が多い人は、普段の食生活で脂質を過剰に摂取している可能性が高いでしょう。

脂質が多いと高カロリーになりやすいため、中性脂肪のつきすぎだけでなく肥満にも注意しなければいけません。

 

脂質・カロリー少なめを意識して

昨今ではレストランでのメニューにカロリーが表示されている所が多くなっています。

コンビニなどで販売されているお弁当などにもカロリー表示がされていたり、食品には栄養成分表記がされていることで、脂質やカロリーが把握しやすくなっています。

中性脂肪な効率的な落とし方を目指す人なら、できるだけ脂質が少なめ、そしてカロリー少なめの食生活を心がけることが効果的です。

 

どんな食生活を心がければよいのか?

中性脂肪落とし方としては、食べすぎに注意するとともに、どんな食事内容にするのかにも気を配った食生活をしましょう。

こってりした中華や、おいしい洋食などは脂質や糖質が多く含まれているため、中性脂肪がつきやすい食事と言えます。

 

和食は理想的

逆に、中性脂肪をつけにくい食生活をするなら、あっさりした食事を心がけると良いでしょう。

和食は、食材自身が脂質を多く含んでいなかったり、調理の過程で油を使わないことが多いです。

そして、食材の脂を落とすことができたりするので、効率的な中性脂肪の落とし方につながります。

 

自炊がおすすめ・外食でも選ぶ物によって〇

外食が多い人なら、こってりしたラーメンやとんかつ定食よりは、焼き魚定食やそばなど低カロリーで低脂質の食事内容を心がけるのがおすすめです。

栄養バランスという点では外食よりも自炊するのが理想です。

自炊が難しいという方は、外食でも何を食べるかによって脂質摂取をかなりコントロールできますよ。

 

腹八分目に慣れておく

食事の量も中性脂肪落とし方と大きな関係があります。

同じ食材を食べても、多く食べたほうがカロリー摂取は多いわけですし、脂質の摂取も多くなります。

普段の食生活でも、お腹いっぱいに食べるのではなく、腹八分目ぐらいでやめておく習慣をつけましょう。

そうすることで、中性脂肪を付けにくい食生活につながり、これから中性脂肪の落とし方をいろいろ模索したい人にとってもプラスの効果が期待できます。

 

お腹が空いてる→30分後食事が良い

また、「お腹が空いているな」と感じている時には、体内で中性脂肪が燃焼されています。

そのため、お腹が空いたなと感じてから30分ぐらい待って食事をすることで、効率的な中性脂肪の落とし方につながります。

お腹が空いていないのに惰性でダラダラと何かを食べてしまったり、口寂しいからと常に何かを食べているというのはNGです。

 

アルコールの摂取も中性脂肪と関係がある

中性脂肪というと、こってりした食生活だけが原因だと考える人は少なくありません。

しかし、接待や飲み会などで美味しくいただくアルコール、家庭でホッとリラックスしながら飲むアルコールなども、実は体内に中性脂肪を蓄積する原因となってしまいます。

 

中性脂肪が増えやすい酵素が分泌される?

アルコール自身に脂質がたっぷり入っているというわけではありません。

摂取する際には高カロリーなおつまみを一緒に食べることが多いです。

アルコールが分解される過程では、中性脂肪が増えやすい酵素が分泌されてしまうため、体内の中性脂肪が増えてしまいやすい体内環境を作ってしまうのです。

 

我慢は禁物、飲む量とおつまみを変えて

中性脂肪の効率的な落とし方という点では、アルコールを飲むことはマイナスです。

しかし、ストレス解消のために晩酌するのが大好きという人は、まったく飲まなくなってしまうとそれはそれでストレスの原因となってしまいます。

まずは飲む量を減らしたり、アルコールと一緒に食べるおつまみを工夫して、カロリーや脂質が少ないものに変えてみてはいかがでしょうか?

唐揚げやラーメン、焼き鳥などはNGで、枝豆や冷ややっこなどに食事を変えるだけでも、中性脂肪の落とし方という点ではダメージを軽減することにつながりますよ。

 

中性脂肪の盲点は調味料

中性脂肪の効率的な落とし方にはいろいろな方法があります。

食材や調理用法、食事の量に気を付けていても、期待通りに中性脂肪が落ちないという人はたくさんいます。

その場合、調味料を見落としていないかチェックしてみてください。

調味料は少量でもかなりの高カロリーになっているものが多く、サラダのドレッシングやマヨネーズ、ソースなどは脂質がかなり高めです。

調味料を全く使わないという選択肢以外にも、ノンオイルタイプを使うなど工夫して対応してくださいね。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.