家庭で工夫すれば楽しい!中性脂肪落とす食事内容(炭水化物等)

中性脂肪を落とすためには、家庭で中性脂肪落とす食事内容(炭水化物等)を工夫する方法が効果的です。

白米に玄米などを加えて雑穀米にしたり、糖尿病食事療法用に開発されている低糖食品を利用するのも良いでしょう。

毎日スプーン1杯のお酢を活用する方法も効果的です。

 

中性脂肪落とす食事内容(炭水化物等)とは?

中性脂肪は、食事で摂取した糖質や脂質が肝臓で中性脂肪へと変換されて体内に蓄積されます。

私たちが普段主食としている米やパン、パスタなどの麺類は炭水化物の分類です。

スイーツなどの糖質とは違うという認識を持っている人は多いのですが、炭水化物は体内で分解される際にはブドウ糖という糖質に変わります。

 

ブドウ糖はエネルギー燃焼に使われる

ブドウ糖は体内でエネルギー燃焼の際には優先的に使われる燃料です。

慢性的な運動不足などでブドウ糖が燃焼されない場合には、肝臓でグリコーゲンに変換されて、エネルギーとして燃焼される機会を待つことになります。

 

ブドウ糖は燃焼しないと中性脂肪に

それでも燃焼されずに余ってしまった場合には、最終的に中性脂肪として体内に蓄積されることになります。

そのため、運動不足の人にとっては炭水化物もまた中性脂肪をつけてしまうNG食品となってしまうわけです。

ですが、炭水化物は主食が多いので、まったく食べないというわけにはいきませんよね。

そこで、中性脂肪落とす食事内容(炭水化物等)を工夫することが大切です。

 

炭水化物が大好きな人にとってはつらい

中性脂肪落とす食事内容(炭水化物等)の中でも理想的なのは、摂取量を劇的に減らしたり、食べる頻度を減らすという方法です。

しかし、炭水化物が大好きな人にとっては、減らすのは辛いですし、大好きなものが食べられないことによってストレスが溜まってしまうことも考えられます。

そんな時には、食べ方を工夫することで対応してみてはいかがでしょうか。

 

炭水化物を摂取する時間帯

私たちがエネルギーとして燃焼するものには、脂質や炭水化物、糖質などがあります。

その中でも炭水化物は比較的エネルギーとして燃焼される優先順位が高いという特徴があります。

そのため、中性脂肪落とす食事内容(炭水化物等)を心がけながらも主食を楽しみたいなら、食べる時間帯を工夫して、できるだけその日一日の活動の中で燃焼できる時間帯を選ぶのがおすすめです。

 

朝食にしっかり食べて、夜は少なめに

夕食で食べると、その後燃焼できる時間帯が限られてしまうので、朝食でたっぷり食べるという方法は理想的です。

ランチとして食べるなら量を調節して少なめにするなど、工夫できることはたくさんありますよね。

夕食で食べる場合でも、中性脂肪落とす食事内容(炭水化物等)に気を付けるなら、小さめのお茶碗に1杯だけでお代わりはナシにしましょう。

 

代替品を上手に活用すること

中性脂肪落とす食事内容(炭水化物等)だけれど主食を楽しみたいという人は、白米の代わりに玄米にしてみるのも良いでしょう。

ですが、いきなり玄米を100%にするのは抵抗があるかと思います。

白米100%から白米:玄米を1:1にするなど、代替品を上手に活用しながら炭水化物の摂取量を減らすという方法がおすすめです。

 

雑穀米でも◎

玄米以外にも炭水化物の含有量が少ない穀類はたくさんあります。

雑穀米として食べれば、ちょっとした炊き込みご飯を食べているような感覚で主食を楽しむことができるでしょう。

中性脂肪が気になる方にはおすすめな主食です。

 

パスタ・パンも炭水化物

パスタやパンの場合には、原料に小麦が使われていますが、炭水化物の摂取が制限されている糖尿病の食事療法として代替品が使われている商品が販売されています。

そうしたものを上手に使うことによって、中性脂肪落とす食事内容(炭水化物等)へと普段の食生活を改善できます。

商品化されている代替品だと、コスト的に少し割高感があります。

ですが、美味しさを妥協せずに炭水化物を楽しみながらも中性脂肪落とす食事内容(炭水化物等)にしたい人にとっては、理想的な食品なのではないでしょうか。

 

調味料を工夫することもおすすめ

中性脂肪落とす食事内容(炭水化物等)を心がけるために食材に気を遣うことはもちろん大切なことです。

調味料を工夫することで、炭水化物を摂取しても中性脂肪として蓄積されにくい体内環境を作ることができます。

例えば、お酢には脂肪を燃焼する作用があり、中性脂肪を下げる効果が期待できます。

 

調味料としてお酢をフル活用!

大量にお酢を摂取する必要はなく、1日当たりスプーン1杯ぐらいでも十分です。

中性脂肪落とす食事内容(炭水化物等)にするなら、サラダにお酢をドレッシングとして使うとか、魚に醤油とお酢を垂らして食べるなど、食べやすい方法で摂取するのが良いでしょう。

 

米酢は勿論、黒酢・リンゴ酢なども効果あり

お酢は米酢が一般的ですが、他にも黒酢やリンゴ酢、ブドウ酢などいろいろなものがあります。

穀類を原料にしているものでも、フルーツを原料にしているものでも、中性脂肪を下げる作用を持つ酢酸は40%~50%程度入っています。

どの種類を選んでも同じぐらいの効果が期待できるでしょう。

 

空腹中にお酢を飲むと胸やけをしてしまうかも

食事と一緒にスプーン一杯のお酢をグイッと飲むという方法でも問題ありません。

ですが、空腹のときにお酢を胃に流し込んでしまうと、胸やけを起こすリスクがあるので注意してくださいね。

食事内容を見直すのと同時に、お酢を上手に取り入れる工夫をする事も、中性脂肪の悩みを解決する策につながります。

Thanks for installing the Bottom of every post plugin by Corey Salzano. Contact me if you need custom WordPress plugins or website design.